ペットを取り巻く社会問題を解決する
ソーシャルベンチャー企業

Service

サービス内容

コンサルティング業務

アニマルウエルフェアの考えのもと導く、
ペットケアに特化したお店つくり

ジーパウの行うコンサルティング業務は、アニマルウエルフェア(動物福祉)の考え方をもとに、ペットと飼い主様の生活を豊かにするお店つくりを提案します。
ペット関連事業に社会的な役割を付加し、地域社会へ貢献できる仕事作りへの誘導や業種転換のお手伝いをいたします。
ペットケアの観点で、ペットの健康管理、問題行動改善やトレーニング、同行避難など、飼い主とペットの生活をより豊かにつなぐ店舗教育も得意としています。
他店とは違うサービスをお考えのお店様。得意分野を仕事につなげたいお店様。
医療連携をお考えのお店様など、気軽にご相談下さい。

ペットを通し、飼い主様の生活を豊かにできる
店舗運営の形を提案いたします。

教育・セミナー業務

移り変わる業界の環境を知り、
これからのペットビジネスを考えるきっかけに

ペット産業が成長産業として大きく飛躍してきたのはここ30年程のことです。
核家族化、少子高齢化などの社会環境の変化からペットの需要が進み、バブルと呼ばれる好景気の時期にはペット動物の種類も多くなり、家族の一員としてペットが伴侶動物と呼ばれるとサービスの需要も多様化し、大手資本も参入する中、市場はどんどん拡大してきました。
ビジネスの環境も多様化し、日進月歩する医療、新しい技術、法律、社会問題と企業モラルなど、時代に合わせた情報に目を向けなければ業を維持することも難しくなってきました。
我々はその中でも特に『命』を適正に扱うため、アニマルウエルフェアに基づくビジネスセミナーを得意としております。
ペットサービス+アニマルウエルフェア。
地域社会に貢献できるお店つくりなどをテーマに、多ジャンルの講師を招いてのセミナーやワークショップを定期的に開催しておりますので、ぜひご参加ください。

同行避難とは

災害にあったとき、ペットを守れるのは飼い主だけです。

まず飼い主が無事でいることが最優先ですが、災害に合ったとき家族であるペットも一緒に避難しようという考え方が同行避難です。

近年各地で起きている自然災害によって、飼い主とはぐれたペットが救助隊によって救われる場面や、飼い主が避難所でペットと過ごす場面も多く報道されています。

これは過去の災害の経験から、飼い主を守るためには、ペットと一緒に避難させることが必要であり、その後の救護活動や避難生活を円滑に行うことが出来ることが確認されたため、今では国で奨励し、地方自治体の防災計画にも明記されています。

しかし実際の現場では、飼い主のペットに対するケアやしつけなどの準備不足から、避難所での受け入れや、一時預かり施設での生活が難しいペットが多く、飼い主が車中やテントで避難生活を余儀なくされる状況が続いています。

いつ起こるかわからない災害ですが、地域コミュニティの中で生活する限り、飼い主の責任として日ごろから備えておくべき心得です。

商品企画・開発業務

いま必要とされている商品を、
メーカー様と共に生み出す

ペット用品は、人間用の応用品や、人間用には使用できない原料を加工してペット専用として流通していることが多く見受けられます。
しかし実際に動物福祉の基準に則りペットを飼おうとした場合、商品・製品を慎重に選ばなければならない場合もあります。
時代や社会のニーズに合わせ、ペット関連商品も進化するべき時代となっています。

マーケティングだけでなく機能性や品質が求められる商材も多くあります。
また、過去には考えられなかった商材が、飼い主の生活の変化と共にニーズが高まった例もあります。
新しい技術やサービスが、ペットとの生活を豊かにすることもあるでしょう。

今、本当に必要なものは何かを考え、メーカ様と一緒に創り上げるお手伝いを致します。

社会的活動

ペットビジネスを通して、
アニマルウエルフェアを社会に広げる

今の日本では、人間社会の中の動物をどう扱うべきか、どう生活を共にすべきか、
ペットを社会の中でどう役割を持たすかなどの基準が存在しない状況です。
必要以上に産ませて、不要になったら処分する。
心無い飼い主や業者の行為によって不要とされた犬猫たちの命を、善意の第三者にしりぬぐいをさせる形で治めています。
ではどうしたらそのような無慈悲で不健全な流れを止めることができるのでしょう?
人とペットが互いに理解し、歩み寄り、共存できる社会となるためには、何が必要となるのでしょう?

まず必要なのは人間社会でのペットの社会的価値とその扱い方の明確な基準です。
そしてその基準を普及させ、社会の仕組みとすることです。
我々は『アニマルウエルフェア』という考え方を一つの基準とし、その基準に沿ったペットとの生活を普及させたいと考えます。
そしてこれをリードしていくことが、これからのペット業界の大きな社会的役割と考えます。

さらに、不要とされるペットを減らし、あふれ出る蛇口を閉めることも、この業界の責任であると考えます。
命の恩恵で業を営むものの矜持として、その命を無慈悲に扱うべきではないと考えるからです。

飼い主側と業界の双方の『かけがえのない命』に対する意識が上がらなければ、この問題はいつまでも解決に導くことが出来ません。

私たちは、ペット業界とペットと共生している人たち、そして動物たちへ、共生する本当の喜びを提供する会社として、
歪んだビジネスモデルを正し、ペットを家族に迎えられる過程を増やすための活動を行います。

日本国内でのペット・動物の扱われ方を実態を皆で考える場を作り続けることで、
動物との幸せな暮らしと地域社会を生みだす事を目標に、社会的活動を行っております。

またメディアや議員勉強会、保護団体の勉強会などで、業界の問題点や改善策などを伝え、動物愛護法はじめ、
社会の仕組みが時代に合った適正なものとなるよう活動しております。